備忘録
# 生活習慣改善デバイス
# 生活習慣改善デバイス ## 序文 コロナ対策で大学に行けなくなった結果、生活習慣が非常に乱れている。 このままでは社会に適合できない。 夜更かしや長時間のスマホ使用を注意してくれる機械が欲しい。 作ってみる。 ## 現状 10分ごとにGoogle Home に接続し生活習慣に関するアドバイスを音声で伝えてくれる. カバーは未完成で基盤は剥き出し,画像認識も未完成で画像中央の付属カメラは活用されてない. ![img](https://i.imgur.com/8EexQeO.jpg) ## 構成 esp32-camはwifiとカメラが付いた小さく安価なモジュールでarduinoと同様の環境で開発できる。 このモジュールで部屋でのスケジュール管理を行うデバイスを開発したい。 5分ごとに部屋の写真を撮影しGCPにアップロード。 機械学習により不適切な時間に寝ているか判定。 必要ならば音声ファイルのURLをモジュールに送信。 モジュールはmDNSでGoogle Home か Alexaを検索し音声ファイルのURLを送り付ける。 そしてスマートスピーカーが叱ってくれる。 ## 段取り esp32-camを購入し適当に開発。 最低限の機能が完成したらクラウドファンディングを募る。 プラスチックの外装は深圳のメーカーにオーダーメイドする。 あるいはm5stack cameraの公模が使えるならばそれでいく。 alibabaでesp32と外装をまとめて発注し自分で組み立てて一個三千円程度で販売する。 電波法と技適に注意すること。 ### 1. esp32のサンプルを動かす 付属するCameraWebServerのサンプルを動かそうとしている https://qiita.com/Nabeshin/items/b195cad1afe99ce29f1e - Arduino IDE - 「環境設定」 -> 「追加のボードマネージャのURL」 - https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json - 「ツール」 -> 「ボード」 -> 「ボードマネージャ」 - ESP32を追加しておく。 - 「ツール」 - Board ESP32 Wrover Module - Partition Scheme Huge App(3MB No OTA) - Flash Mode QIO - Flash Frequency 80MHz - Upload Speed 921600 - 接続 - 通信ピン TXD=UOR RXD=UOT - 書き込みモードピン GND=IO0 - 電源 5V=5V GND=GND - 実行時はこれだけでよい。 - GND=GNDはIO0のお陰か無くても動いた 正常に書き込みは完了したがシリアルモニタが文字化けする。 Serial.begin()の引数と、シリアルモニタの右下のbpsの値が揃っていなかった。 ちゃんと表示された。 ssidとパスワードを設定してないので当然接続できない。 できた。完了。 ### 2. サンプルを見ながら学習 #### 2.1. ディープスリープ 10秒寝てシリアルモニタに出力 バッテリー駆動ではないので寝る利益は薄くwifi設定ができない不利益が上回る 不要 #### 2.2. HTTPServer CameraWebServerが接続できない>esp32は5Ghzに対応してない2.4GHzで成功 .localは使ってもいいらしい。放置 完了 #### 2.3. フラッシュメモリ読み書き 完了 #### 2.4. WifiServer https://github.com/espressif/arduino-esp32/blob/master/libraries/WiFi/examples/WiFiAccessPoint/WiFiAccessPoint.ino 途中。 クライアントは正常に動作している。 サーバーはHTTPリクエストを受け取れない // IPアドレスおよびSSIDにバグあり // バグってもホットスポットを再起動すると接続する // // ポートを分けると両方動作した // http://192.168.4.1:81/ でPC->ESP32->アクセスポイント // http://192.168.4.1:80/ でサーバーに接続 // ひょっとすると両者は同じものかも知れない // 即ちWebServer.hでもClientに対して送信している 同じ、WIFI_AP_STAなどのモードと通信処理はレイヤーが分離しているため 親機でも子機でもmDNSとwebserverを提供できる 完了 #### 2.5. HTTPClient 指定IPにget/postする 完了 ### 3 とりあえず写真判定無しで作ってみる。 https://github.com/lzpel/cloudmama/commit/4002403f63509592e6813b89606ee86b026329de 完成 ### 4 写真判定と設定変更に必要な機能を学習 #### 4.1. 撮影 今ここ 撮影しバイト列をモニタに出力 #### 4.2 内蔵EEPROM ssid, pass, cameraconfig程度しか保存しないのでeepromに直接書き込むように変更 ファイルシステムは不要 #### 4.3 Google Cloud Vision API で判定 ### 5. ファームウェアを完成させる ### 6. クラウドファンディングページの作成。 ニコ動やYoutubeにも公開 #### #### ケースを製作 - タカチの箱を利用する? - https://www.takachi-el.co.jp/assets/attachments/images/tw_catalog_20200526114007.pdf - 製品番号 TW 4-2- 5G とかがesp32を収めるのに便利そう - CADで作って3Dプリンタ - https://make.dmm.com/print/material/5/ ナイロンは安くて綺麗 - 工夫と注意点 - 独自基盤でも市販品の組み合わせでも丁度収まる設計が良い - まだどちらを選ぶか決められない。 - 市販品の組み合わせで作る場合 - ESP32-CAMとUSBモジュールと直角に張り合わせ5V,GNDピンを一致させれば配線不要。 - 不要なピンは切除。 - とても楽だがスピーカーをつけられない。 - とても頭が悪い単純な方法でつけている記事を発見 - https://asukiaaa.blogspot.com/2018/08/esp32dacbluetooth.html - USBTTL市販モジュール - https://japanese.alibaba.com/product-detail/cp2102-usb-to-module-6pin-serial-converter-replace-ft232-60803365680.html?spm=a2700.galleryofferlist.0.0.10003126oY5Mjs - https://japanese.alibaba.com/product-detail/ch340e-usb-to-ttl-module-5v-3-3v-alternative-ch340e-module-for-pro-mini-usb-to-ttl-serial-converter-62299692452.html?spm=a2700.galleryofferlist.0.0.10003126oY5Mjs #### 消費者視点で考察する良いクラウドファンディングページ 売れる商品を作るためには素人の意見が大事。 しかし生産者になると消費者としての視点を忘れてしまう。 そこで消費者であるうちに売れるクラウドファンディングページの考察を書いた。 キャンプファイヤのプロダクトカテゴリで比較 https://camp-fire.jp/projects/view/253695?list=product_last_spurt - https://camp-fire.jp/projects/111903 - 手作りのやさしいぬくもり。 世界に一つだけのSMART SENSOR LIHGT - スマート - 目標は54日で20万円 - 29日 729,960円 - ![img](https://static.camp-fire.jp/uploads/project_version/image/405918/5fecda06-ec48-4a5a-9e57-c758ff534306.jpg?ixlib=rails-2.1.4&w=1024&h=682&fit=clip&auto=format) - 写真と文章を交互に同容量で並べていく体裁で読みやすい。 - 特に伝えたい箇条書きの要素は画像内の文章にまとめられている。本文は添え物。 - 写真が明るく、ほんわかと加工されている - https://camp-fire.jp/projects/111903 - https://camp-fire.jp/projects/283080/activities#menu - 3秒でシワなく畳める! スマート折り畳み傘「Nano Easy Fold-up」 - スマートとかAIとか名付ければ集まるのか? - 数字を入れれば良いのはありそう - 製品名は不要かも - 目標は41日で20万円 - 9日で 74,700円 - ![img](https://static.camp-fire.jp/uploads/project_version/image/429904/1f8946c1-1d4d-4a7c-a868-ebd7401d998a.jpg?ixlib=rails-2.1.4&w=1024&h=682&fit=clip&auto=format) - https://camp-fire.jp/projects/view/253695?list=product_last_spurt - ジムニーJB64・74にぴったりの縫製アクセサリー - ジムニー等の専門用語は読者を著しく絞り込む - アクティビティがないので信用できない - 本文中で自分語り - ![img](https://static.camp-fire.jp/uploads/project_version/image/386021/153fcfad-e21e-4f0e-8ba0-437a58e5baf2.jpg?ixlib=rails-2.1.4&w=1024&h=682&fit=clip&auto=format) - 画像の情報量が多すぎる、製品以外が写っている。 - https://camp-fire.jp/projects/view/213289?list=product_last_spurt - 磁力浮遊技術採用で自由自在コントロール! 作業効率向上に最適なリストレスト! - 写真とタイトルが調和し効用を容易に想像できる。というか欲しい。 - 24時間怠惰な自分を監視するAIカメラ - 目標は45日で10万円 - 45日で175,9750円 - ![img](https://static.camp-fire.jp/uploads/project_version/image/390097/d72a9f59-0d38-495b-b31b-2a5939f9644a.jpg?ixlib=rails-2.1.4&w=1024&h=682&fit=clip&auto=format) - https://camp-fire.jp/projects/view/279188?list=product_last_spurt - カメラに新たな表現力!プロ仕様のピンホールレンズ Pinhole Pro - ピンホールレンズとその効用を知っている読者しか先を読まない。 - ピンホールレンズ愛好家のブログを読み漁って学習したが欲しいと思わない。 - ぼやけた写真を撮って何が嬉しいのか? - 目標は1万円 - 低すぎて怪しい - 活動報告がなくて怪しい - 本来本文中の見出しにするべき文を画像化している点がセンスない。 - ![img](https://static.camp-fire.jp/uploads/project_version/image/414872/cd8c93b4-2bfd-4644-8ae4-1d127758d95d.png?ixlib=rails-2.1.4&w=1024&h=682&fit=clip&auto=format) - 写真の見やすさは申し分ない、レンズを作りたいことは良く伝わる。 - https://camp-fire.jp/projects/view/279179#menu - 【お家で遊ぼう!】イタリア工科大学の技術を結集!スマホが顕微鏡になる極薄レンズ - 良く知られた3単語「スマホ、顕微鏡、レンズ」だけで効用を十分に伝えている点は評価できる - しかしイタリア工科大学が胡散臭さを醸している。 - 本文中も海外を匂わせる文章や下手な日本語が目に付く。 - 目標は1万円ってどうなの? - 支援者一人8800円 - ![img](https://camp-fire.jp/projects/view/279179#menu) - 極薄の欠点として製品と背景の境目が写真から読み取れない。 ### 7. 射出成型の外装と紙箱と説明書をとりあえず100個作る。 薄く作って封筒で送付出来たらコスパ良さそう。
# 土質力学メモ
# 土質力学メモ ## 1. 土の分類と物理的性質 ### [1-1] 土は一般的に土粒子(固体)とその間隙に存在する水(液体)並びに空気(気体)の三相で構成されている. 下図は土の構成を三相に分けて模式的に描いたものである.以下の問に答えよ. (1) 土の間隙比 $e$,間隙率n,含水比$w(\%)$,飽和度,$S_r(\%)$を右図の体積,質量に関する諸量を用いて表せ $$e=\frac{V_a+V_w}{V_s}, n=\frac{V_a+V_w}{V},w=\frac{m_w}{m_s} \times 100, S_r=\frac{V_w}{V_a+V_w} \times 100$$ (2) (1)の結果を利用して$e$, $w$, $S_r$の間の関係,並びに$e$と$n$の関係を式で表せ。ただし,土粒子の比重を$G_s$とする。 $$S_r=\frac{w \cdot G_s}{e}, n=\frac{e}{1+e}$$ ### [1-2] 土の湿潤単位体積重量 $\gamma_t(kN/m^3)$ ,乾燥単位体積重量 $\gamma_d(kN/m^3)$ , 飽和単位体積重量 $\gamma_{sat}(kN/m^3)$ ,水中単位体積重量 $\gamma'(kN/m^3)$ , を土粒子比重$G_s$,含水比$w(\%)$,飽和度$S_r(\%)$,間隙比$e$,水の単位体積重量$\gamma_w$を用いて表せ。 また$\gamma_t$と$\gamma_d$の関係を示せ. 単位体積の土粒子を含む土について重量÷体積 $$\gamma_t|_{S_r=0}=\gamma_d, \gamma_t|_{S_r=100}=\gamma_{sat}, \gamma_{sat}-\gamma_w=\gamma'$$ $$\gamma_t=\frac{G_s+e \cdot S_r/100}{1+e}\gamma_w, \gamma_d=\frac{G_s}{1+e}\gamma_w, \gamma_{sat}=\frac{G_s+e}{1+e}\gamma_w, \gamma'=\frac{G_s-1}{1+e}\gamma_w$$ $$\gamma_d=\frac{\gamma_t}{1+w/100}$$ ### [7-1] 図\ref{0701a}に示すように、粘着力$c$,内部摩擦角$\phi$,単位体積重量$\gamma$の地盤上に基礎を構築する場合を考える。この時,基礎の荷重を大きくしていくと地中に滑りが生じ地盤が破壊したRankineは,基礎の底面との間に摩擦がないとした場合の地中の破壊を図\ref{0701b}のように4個のブロックの移動で表現できると仮定した(基礎の周りの土被りを地表面荷重$q_s$で置き換えている).図\ref{0701c}は図\ref{0701b}の右側半分のみを図に示したものである.以下の問いに答えよ. #### (1)図\ref{0701c}の荷重直下1の領域の土は主動破壊状態にあると考えられる(図\ref{0701d}).この時,図\ref{0701c}の領域1のBCが地表面となす角$\alpha_1$はいくらか. 領域1において最大主応力面は荷重がかかる水平面であるから,剪断面が水平面となす角$\alpha_1$は $$\alpha_1=\frac{\pi}{4}+\frac{\phi}{2}$$ #### (2)図\ref{0701c}中の荷重側方領域2では水平力が鉛直土被り圧より大きく受動破壊状態にあると考えられる(図\ref{0701e}).この時,図\ref{0701c}の領域2のCDが地表面となす角度$\alpha_2$はいくらか. 領域2において最大主応力面は鉛直面であるから,剪断面が水平面となす角$\alpha_2$は $$\alpha_2=\frac{\pi}{4}-\frac{\phi}{2}$$ #### (3)領域1と2の鉛直境界面ACに作用する力の合力を$P_c$とする.AC面を仮想な擁壁と考えると,領域2に関して$P_c$はこの擁壁にかかる受動土圧と考えることができる.この時の$P_c$を$c$,$N_\phi$,その他の諸量を用いて表せ.ただし,$AC=H$とし,また$N_\phi=\left(1+\sin\phi\right)/\left(1-\sin\phi\right)$とする. 深さ$z$についての領域2の受動土圧$P_p$は$\frac{\cos\phi}{1-\sin\phi}=\sqrt{\frac{1-\sin^2\phi}{(1-\sin\phi)^2}}=\sqrt{\frac{1+\sin\phi}{1-\sin\phi}}=\sqrt{N_\phi}$を用いて $$P_p=\left(\frac{c}{\tan\phi}+\gamma z+q_s \right)N_\phi-\frac{c}{\tan\phi}=2c\frac{\cos\phi}{1-\sin\phi}+\gamma z N_\phi+q_s N_\phi=2c\sqrt{N_\phi}+\gamma z N_\phi+q_s N_\phi$$ よってAC面にかかる土圧の合力$P_c$は $$P_c=\int_0^H \left( 2c\sqrt{N_\phi}+\gamma z N_\phi+q_s N_\phi \right) dz =2cH\sqrt{N_\phi}+\frac{1}{2}\gamma z N_\phi+q_s H N_\phi$$ #### (4)仮想擁壁ACにかかる力$P_c$は,領域1においては,主動土圧と考えることができる.破壊時の基礎の荷重をQとするとき,$P_c$を$c, N_\phi,$その他の諸量を用いて表せ. 式\ref{pcp}を元に主動土圧係数と受動土圧係数の積が1であること.粘着力が受動土圧と比べ負の向きに作用すること、荷重が$\frac{Q}{B}$であることを加味して $$P_c=\int_0^H \left( -2c\frac{1}{\sqrt{N_\phi}}+\gamma z \frac{1}{N_\phi}+\frac{Q}{B} \frac{1}{N_\phi} \right) dz =-2cH\frac{1}{\sqrt{N_\phi}}+\frac{1}{2}\gamma z \frac{1}{N_\phi}+\frac{Q}{B} H \frac{1}{N_\phi}$$ #### (5)図\ref{0701c}の幾何学的関係から,$H$と$B$,$N_\phi$,$\phi$との関係を求めよ. $$H=\frac{B}{2}\tan\alpha_1=\frac{B}{2}\tan\left(\frac{\pi}{4}+\frac{\phi}{2}\right)=\frac{B}{2}\sqrt{N_\phi}$$ 但し$\tan$の加法定理より $$\tan\left(\frac{\pi}{4}+\frac{\phi}{2}\right)=\frac{\tan\frac{\pi}{4}+\tan\frac{\phi}{2}}{1-\tan\frac{\pi}{4}\tan\frac{\phi}{2}}=\frac{1+\tan\frac{\phi}{2}}{1-\tan\frac{\phi}{2}}=\frac{\cos\frac{\phi}{2}+\sin\frac{\phi}{2}}{\cos\frac{\phi}{2}-\sin\frac{\phi}{2}}=\sqrt{\frac{1+\sin\phi}{1-\sin\phi}}=\sqrt{N_\phi}$$ #### (6) (3)(4)(5)の結果から$P_c$並びにHを消去することにより,次式を導け.ただし,$N_c, N_\gamma, N_q$は$N_\phi$の関数である $$\frac{Q}{B}=c \cdot N_c + \frac{\gamma}{2}\cdot B \cdot N_\gamma+q_s \cdot N_q$$ 式\ref{pca}と式\ref{pcp}から$P_c$を消去して $$2cH\sqrt{N_\phi}+\frac{1}{2}\gamma z N_\phi+q_s H N_\phi=-2cH\frac{1}{\sqrt{N_\phi}}+\frac{1}{2}\gamma z \frac{1}{N_\phi}+\frac{Q}{B} H \frac{1}{N_\phi}$$ $$\frac{Q}{B}=2 c N_\phi (\sqrt{N_\phi}+\frac{1}{\sqrt{N_\phi}})+\frac{1}{2}\gamma H(N_\phi-\frac{1}{N_\phi})N_\phi+q_s N_\phi^2$$ $$\frac{Q}{B}=2 c N_\phi (\sqrt{N_\phi}+\frac{1}{\sqrt{N_\phi}})+\frac{1}{2}\gamma \frac{B}{2}\sqrt{N_\phi}(N_\phi-\frac{1}{N_\phi})N_\phi+q_s N_\phi^2$$ $$\frac{Q}{B}=c N_c+\frac{1}{2}\gamma B N_\lambda+q_s N_q$$ 但し以下に示す$N_\phi$の関数,$N_c, N_\gamma, N_q$で置き換えた. $$N_c=2\left(N_\phi^\frac{3}{2}+N_\phi^\frac{1}{2}\right)\;N_c=\frac{1}{2}\left(N_\phi^\frac{5}{2}-N_\phi^\frac{1}{2}\right)\;N_q=N_\phi^2$$ ### [7-3] 粘土ローム地盤上に幅6m,根入れ深さ1.5mの帯状の長いコンクリート造基礎がある.この場合の地盤の極限支持力を計算せよ.ただし,粘土ロームの湿潤単位体積重量$\gamma_t=16.8kN/m^2$,粘着力$c=36kN/m^2$,内部摩擦角$\phi=30\circ$とし,地下水の影響は考えないものとする. [7-1]で導出した支持力公式より $$\frac{Q}{B}=c \cdot N_c + \frac{\gamma}{2}\cdot B \cdot N_\gamma+\gamma \cdot D_f \cdot N_q$$ 問題文より $$D_f=1.5m\;B=6m\;c=36kN/m^3$$ $\phi=30^\circ$より教科書p264のTerzaghiの式14.44,14.45,14.47を用いて $$N_q=\frac{1}{1-\sin\phi}\exp\left(\left(\frac{3\pi}{2}-\phi\right)\tan\phi\right)=22.46\;N_c=(N_q-1)cot\phi=37.16\;N_\gamma=(N_q-1)cot\left(1.4\phi\right)=19.32$$ 支持力公式に代入して極限支持力$q_d$は $$q_d=36kN/m^2\cdot37.16+\frac{16.8kn/m^2 \cdot 6m \cdot 19.32}{2}+16.8kN/m^2\cdot1.5m\cdot22.46=2877kN/m^2$$
# 波動振動学メモ
# 波動振動学メモ ## 図に示す2自由度系について、次の問いに答えよ。 ### 運動方程式を導け。 $$m \ddot{x_1} + k(2 x_1-x_2)=0$$ $$m \ddot{x_2} + k(x_2-x_1)=0$$ ### 固有振動モード(固有振動数とモード形ベクトル)を全て求めよ。 運動方程式を行列に置き換える $$ \left( \begin{array}{cc} m & 0 \\ 0 & m \end{array} \right) \left( \begin{array}{c} \ddot{x_1} \\ \ddot{x_2} \end{array} \right) + \left( \begin{array}{cc} 2k & -k \\ -k & k \end{array} \right) \left( \begin{array}{c} x_1 \\ x_2 \end{array} \right) = \left( \begin{array}{c} 0 \\ 0 \end{array} \right) $$ $$M \ddot{X} + K X = 0$$ この運動方程式の解を調和振動と仮定し、複素定数$X_1, X_2$を用いて $ \left\{ \begin{array}{l} x_1(t)=X_1 e^{i \omega t} \\ x_2(t)=X_2 e^{i \omega t} \end{array} \right. $ と置く。 $ \ddot{X}=- \omega^2 X $ なので以下が成り立つ $$ \left( K - \omega^2 M \right) X = \left( \begin{array}{cc} 2k-\omega^2 m & -k \\ -k & k-\omega^2m \\ \end{array} \right) X =0 $$ $\left( K - \omega^2 M \right)$に逆行列が存在しないとき行列式は$0$となり非自明な解が存在する。 $$ \left| \begin{array}{cc} 2k-\omega^2 m & -k \\ -k & k-\omega^2m \\ \end{array} \right| =m^2\omega^4-3 m k \omega^2 + k^2=0 $$ これを$\omega^2$について解くと固有振動数 $\omega^2=\frac{k}{m}\frac{3\pm\sqrt{5}}{2}$ が求まる ここで$\omega^2=\frac{k}{m}\frac{3+\sqrt{5}}{2}$の場合 $$ \left( K - \omega^2 M \right) X = \left( \begin{array}{cc} 2k-\omega^2 m & -k \\ -k & k-\omega^2m \\ \end{array} \right) = k \left( \begin{array}{cc} \frac{1-\sqrt{5}}{2} & -1 \\ -1 & \frac{-1-\sqrt{5}}{2} \\ \end{array} \right) X = k \left( \begin{array}{cc} 1 & \frac{1+\sqrt{5}}{2} \\ 0 & 0 \\ \end{array} \right) X=0$$ 従って$X=\left(\begin{array}{c}\frac{-1-\sqrt{5}}{2}\\1\\\end{array}\right)$またはその倍数 ここで $\omega^2=\frac{k}{m}\frac{3-\sqrt{5}}{2}$の場合 $$ \left( K - \omega^2 M \right) X = \left( \begin{array}{cc} 2k-\omega^2 m & -k \\ -k & k-\omega^2m \\ \end{array} \right) = k \left( \begin{array}{cc} \frac{1+\sqrt{5}}{2} & -1 \\ -1 & \frac{-1+\sqrt{5}}{2} \\ \end{array} \right) X = k \left( \begin{array}{cc} 1 & \frac{1-\sqrt{5}}{2} \\ 0 & 0 \\ \end{array} \right) X =0 $$ 従って$X=\left(\begin{array}{c}\frac{-1+\sqrt{5}}{2}\\1\\\end{array}\right)$またはその倍数 ## 減衰行列$C$がレイリー減衰により設定された場合,$\Phi^TC\Phi$が対角行列になることを証明せよ。ここに、$\Phi$はモード行列である。} ### 一般化固有値問題 $\bf A x=\lambda B x$ を満たすベクトル$x$とスカラー$\lambda$を見つける問題を一般固有値問題という。 $\bf \left(B^{-1} A\right) x = \lambda x$として普通の固有値問題に帰着させるのは問題があるらしい。 後で調べて加筆すること。 ### レイリー減衰 レイリー減衰行列は以下のように定義される。 $$\bf C=\alpha M + \beta K$$ 線形性から $$\bf \Phi^TC\Phi=\Phi^T\left(\alpha M + \beta K\right)\Phi=\alpha\Phi^TM\Phi+\beta\Phi^TK\Phi$$
# 海岸工学メモ
# 海岸工学メモ 雑かつ途中のノート。 ## 疑問点 - 巨視的な海面の高さについて微小変位を仮定することに無理があるのではないか? - 水深が深ければ問題ない。 - 浅水波、進水波について進めば進めば分かる。 - 変数分離したXとZの解の係数であるC1C2C3C4のカンマは何の意味がある? - 実数とか複素数とか区別しているのか? - ∂z/∂t=0 になるのはなぜ?wだと思う。 - 解決:偏微分なのでzをtの関数と捉えずx,y,z,tは独立に動く - tの偏微分ではtのみが変数でzはtの関数では無いので定数となり、その微分は当然0。 - 多分dz/dt=wは正しい ## 表面張力による微小振幅波 ![img](kadai0519.jpg) ## 他 ![img](001.jpg) ![img](002.jpg) ![img](003.jpg)
# 聖書朗読
# 聖書朗読 聖書を朗読するサイト。 Google TTS API と Google Home アプリ開発 を試したかった https://biblejp.appspot.com
# 動画サイト作った
# 動画サイト作った gorogoro動画 ニコニコ動画の模倣サイトを2017年に作りました。 管理を放棄し当時の動画の視聴だけできる状態です。 当時の構成は Pythonで書いたサーバーをAppEngineで動かし動画変換はGCEで稼働させているffmpegのdockerコンテナに任せていました。 https://video-161819.appspot.com/ [Github](https://github.com/lzpel/gorovideo/) ![img](gorovideo.gif)
# コンテストサイト作った
# コンテストサイト作った 大阪府立大学ノンジャンルお笑いコンテストのサイトと投票システムを作りました。 ドメインは捨てましたが参照可能なURLを置いておきます。 https://owarai-158703.appspot.com/ ![img](opuowarai.gif?mail=opu.owarai@gmail.com&pass=upo.iarawo)
# READ ME
# READ ME ## About このサイトはレポジトリ内のマークダウンファイルを整理して表示するサーバーです. 自分のブログとしてGo言語で開発しました. 現在はGoogle App Engineでホストしています. 特定のサービスに依存していないため一生涯記事を公開できることが長所です。 ## Profile ウェブサービスをGo言語で書いたり、Arduinoで遊んだりしている大学生です. 今年はプログラミングより専門の土木工学や英語を研鑽したいと考えています. 昔製作途中に投げだしたウェブサービスの画像をTwitterなどで使いまわしています. ![img](profile.png)

profile

大学3回生。専門は土木、趣味はプログラミング。
Twitter Github Qiita

© 2020 lzpel